0BB9BC98-E54C-4264-B881-B3595D67BF4D1EC3B5BA-4F41-4E5D-AB90-C0728291D7C2
DFEACFD9-E568-4A35-A65C-CD7AA16598B8
27CDA75B-8FB7-435B-BD0E-C4B443B4C4BF
CAD72C96-3CEE-483E-A920-D0455523BEDD
DB62A427-3AF0-4F7B-847A-85304EECBB15
9CD2B565-4563-48CA-A4BB-F4E7557AA23D
53476BB2-1602-45F2-953D-7B22E686D8CF
51647773-C9C5-4518-A7E6-149D98E9F2C7

ご覧いただき、ありがとうございます。

8時から17時まで、みっちりしっかり!1日が終わる頃には、ぐったり!でした。

それでも先生たちは、定時を過ぎても当たり前のように仕事を続けていました。
このときは、「まだ帰らないのか…」と思っていましたが、
あとからそれが〝帰らない〟のではなく、〝帰れない〟のだということを身をもって知ることになるのです…。

続きます。


続き(10)を読む

この話を最初から読む