0C23347D-14F9-45DB-8A58-DA04BD31CC26C9F022FA-3710-4D11-B2FA-CAF3BEDF616C
1E853885-F61C-4A93-A929-1C998B0BE4BCD545F0E8-28C5-49B8-BFEC-5A97AE89EFB2
9486BDB5-1D65-470A-86B7-9767D1AFC586
94425555-4870-455B-9C70-0D6069311B38
7C89E720-E96F-4B9E-B63F-9651AC2CDC50
D5D1903B-F370-4ED9-A762-B80562376E90



ご覧いただき、ありがとうございます。

【新卒で年長の担任になりました】がんばれ先生1年目!
第28話です。
前回のお話はこちら↓



比べられること。

自分に自信がない新人にとって、
一番辛いことでした。

だって、自分が一番分かっているから。


私だって、ゆうこ先生のクラスの方がいい。
れい先生みたいに、しっかりしている担任の方が安心できる。


私がそう思っちゃっていたのですから、
保護者たちが不安を抱くのも無理はないですね。

でも、この状況で、どうやって自信を持ったらよいのでしょうか。

…このときは、どうしても自分に自信が持てませんでした。


でも、このままでは自分が潰れてしまうということだけは、体感的に分かりました。


だから、私は、余計なことは考えないようにしました。

私が向き合うべきは、子どもたち。
そもそも、保護者を気にしてる余裕なんてないだろ、自分!!
新人は新人らしく、日々の保育のことだけ、考えよう…!

いい意味で、〝鈍感になる〟ことを心掛けたのです。



けど、この出来事はまだまだ序の口で…?
続きます。



------------------------------------------------------------------
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
こちらはあくまでも私の勤めた園での経験談です。
仕事の進め方や保育内容などは園によって異なります。
ご了承ください。
-------------------------------------------------------------------

このお話を最初からご覧になりたい方は、こちらから!↓


続きはこちら↓
 

-------------------------------------------------------------
娘たちのエピソードも描いてます♪
こちらが長女↓


こちらが次女です♪↓


-------------------------------------------------------------