FBD2E170-CCC4-419D-ADBB-7549CA94CD996CAB9494-A02F-4AD5-A155-CF6F2A2539F6
85480DF7-9F22-4E13-B578-F502A4781B23
8958779E-599B-4882-8836-740F1F3E4137
645DB363-C744-48F0-9DB5-F60B884D3D4F
EA32683B-4F8A-4256-906F-E0112F51C3A2
7563DF4A-DCD8-4ECE-BC0E-9E4715EEB965
7BCCB39B-C913-40B6-885D-AC29945DBFED
57ECADEF-45D1-4911-9153-0FDE7E735380



ご覧いただき、ありがとうございます。

朝はあった着替えがないとか(この場合だいたい違う子の着替え袋に入ってる)、
違う子の持ち物を持ち帰ってきたとか、忘れ物をしたとか。
そういう電話連絡は多かったです。

年長といえども、まだまだ保育者の声掛けや見守りが必要でした。


そんな、なにかと落ち着かない中で、年長組には園外行事が待っていました。
春の旬!たけのこ掘りです。

たけのこは成長が早く、タイミングを逃すとあっという間に伸びていってしまうので、
毎年、たけのこの成長具合を見つつ、今だ!という園長の判断で実施されていました。

園外保育前は、準備することがたくさん!
持ち物はもちろん、歩く道順や現場の確認、当日の日案作成、子どもたちへの導入…。

子どもたちは年長になって初めての行事に心躍らせていましたが、
私は…楽しみよりも不安の方がはるかに大きく、正直、複雑な気持ちだったのでした。


次回、たけのこ掘り当日の朝を迎えたまるは…!?



-----------------------------------------------------------------
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
こちらはあくまでも私の勤めた園での経験談です。
仕事の進め方や保育内容などは園によって異なります。
ご了承ください。
-------------------------------------------------------------------

続きはこちら↓


この話を最初から読む↓